2021/04/10
4月8日(木)より、1学期授業が始まりました。 1学期の方針としては、まず基礎力の確立ということがあります。 デッサン、色彩、立体などのそれぞれのジャンルで必ず押さえておきたい最も基本的なことを、練習の中で体得してもらうことを目指します。...

2021/04/03
今日、前期・後期を合わせて10日間に渡る春期講習会が終了しました。 春期講習では、新学期から受験生となる受講生が、基礎コースでこれまで培って来た基礎的な練習を実力につなげていけるようないくつかの試みをしてみました。 また、今回初めて参加された受講生にはデッサンと色彩の基礎問題に取り組んでいただきました。...

2021/03/28
22日に国公立大の最後の合格発表があり、今年度の受験生の結果が出揃いました。 六角舎アートスクール開校3年目の2020年度の受験生は23名でした。2021年度入試の合格結果(総合型選抜入試の場合は出願可を含む)は以下の通りです。 [国公立] ●京都工芸繊維大学 デザイン・建築学課程 1名 洛星高等学校 ●京都教育大学 美術領域専攻 1名...

2021/01/28
現在、六角舎アートスクールでは、主に国公立大入試に向けての直前講習が始まっていて気が抜けない毎日ですが、今日は午前中、京都国立博物館で開催中の「文化財修理の最先端」展(〜1/31まで)を観に行ってきました。

2021/01/10
年末年始の休みを経て、1月9日(土)より3学期授業が始まりました。 3学期は言うまでもなく、国公立の芸大美大や美術系高等学校の入試直前になりますので、これまで培ってきた力をさらにアップしつつ、それを受験本番で発揮できるように練習を集中的に重ねていく時期となります。...

2021/01/01
今年も皆様にとって良き年になりますように。

2020/12/19
今日12月19日(土)は2学期授業の最終日でした。22日(火)からは6日間の日程で冬期講習が始まります。 今学期は、1学期や夏期講習中に培った基礎力を踏まえ、主に私立大の総合型選抜や学校推薦、スカラシップ入試など、間近に迫った入試に対応すべく実践的な練習に入って行きました。...

2020/12/13
大阪・万博公園内の国立民族学博物館で開催中の「先住民の宝」展に行って来ました。この展覧会は美大時代の同級生が展示デザインを担当しています。 世界中の先住民の中から9つの民族を選び、ブースごとにそれぞれの民族の歴史や現在、民具、神像、美術・工芸品などの展示、映像などで紹介しています。...

2020/11/03
美術館「えき」KYOTOで開催中の辻晉堂展に行ってきました。展示作品はそんなには多くなく大作も数点でしたが、やはり代表作の「寒山」と「拾得」は迫力がありました。 京阪淀屋橋駅構内の通路の壁に辻晉堂の大きな作品がはめ込まれていて、以前は通りかかるたびに撫でていましたが、今日は久しぶりに生で作品を見れてよかった。(Y.O.)

2020/11/03
11月3日(祝)、美術館「えき」KYOTO(伊勢丹7F)で開催中の「異才 辻晉堂の陶彫」展を観に行こうと京都駅構内を歩いていたら、2階改札の正面のスペースに京都市立芸術大学の移転後のキャンパスの模型が展示されていました(11/3まで)。...

さらに表示する