コース内容


受験コース・・・高校3年生、卒業生対象
基礎コース・・・高校1年生、2年生対象
中学生コース・・中学生対象

一般コース・・・社会人対象

●3時間の実習時間を1コマとし、コマ数と曜日の違いでコースを設定しています。

受験コースは週1コマのコースから週7コマのコースまで、基礎コースは週1コマのコースから週3コマのコース、中学生コースは週1コマと週2コマのコースを用意しています。

●それぞれに個人別カリキュラムを組みますので、志望校や習得状況、学校やクラブ活動などの兼ね合いに応じて必要な練習量のコースを選んでいただけます。

●学年や志望大学別にクラスを分けてはいないため、一回のクラスの中で、志望大学の出題傾向にとどまらない多様な作例を見ることができ、幅広く美術・デザインについての知識・教養を深めることができます。

●なんらかの理由で授業を休まれた場合は、その日の授業を別の日に振り替えて受講していただけます。

●AO入試合格後の「入学前プログラム」課題や、大学入学前に基礎力をアップしておきたい方は、基礎コースをお選び下さい。

●2019年度より一般コースを開設しました。毎月2回、原則として隔週日曜日の開講です。一般コースに関して詳しくはこちらをご覧ください。


●1コマ、3時間の実習です。

●月曜、祝日、及び一般コース開講日以外の日曜日は休校です。

●学校の授業やクラブ活動、学科の塾との兼ね合いなどで正規コースの曜日を受講できない場合は、変則コースとして正規コース以外の曜日を選択して受講していただくことも可能です。

●基礎コース、中学生コースは、さらにコマ数を増やしていただくこともできます。ご相談ください。

●講評は原則として、毎週水・金・土・日に予定していますが、これらの日以外も必要に応じて講評を行います。


受験Aコース(週3コマ)、受験Bコース(週4コマ)

●受験AコースとBコースは、受験生に必要な練習量の標準的なコースです。京都市立芸術大学をはじめとする国公立大や、関東私立大を志望する高3生は、実習時間の多いBコースをお勧めします。

 

受験Cコース(週5コマ)、受験Dコース(週6コマ)

●受験Dコース(週6コマ)は、練習量を一番多く設定したコースです。受験Cコースは週5コマのコースです。
●練習量を多く取りたい卒業生や高校3年生、特に京都市立芸術大学、東京藝術大学などの国公立芸大や関東系私立志望生、また、石膏デッサンや油彩、彫塑など練習量が必要な科目がある受験生にお勧めします。

 

受験週2コース(週2コマ)、受験週1コース(週1コマ)

●入試において実技の比重が比較的軽い大学(例えば京都工芸繊維大学などの建築系国公立大など)を志望する高3生、卒業生にお勧めします。


基礎Aコース(週2コマ)、基礎Bコース(週3コマ)、基礎週1コース(週1コマ)

●高校1年生、2年生対象のコースです。デッサン、色彩構成など造形の基礎を練習しながら感性と技術を養い、美術・デザイン・工芸などに対する知識を深めていきます。
●個人別カリキュラムに基づき、必要度に応じて志望校・科を考慮した練習課題を行います。
●実習時間の多いBコースは、国公立、関東系、および関西私立大で倍率の高い科を志望の高校2年生にお勧めします。
●さらに練習量を増やすこともできますのでご相談ください。


中学生コース(週2コマ、または週1コマ)

●中学1年生、2年生、3年生対象のコースです。美術・デザイン・工芸などに対する興味を深め、基礎的能力を養います。京都市立銅駝美術工芸高等学校、京都府立亀岡高等学校、京都芸術高等学校、京都精華学園高等学校など美術系高校受験の中学3年生には、志望校に合わせた受験指導をします。
●さらに練習量を増やすこともできますのでご相談ください。


一般コース(原則として隔週日曜日)

主に社会人の皆さんにデッサン、水彩、油彩、テンペラ画などの西洋絵画を中心とした技術と知識を深めていただくことを目的としています。

●受講生の皆さんのご希望をお聞きしながら、それに沿ってコースを進めて行きます。

 ※8月と2月は一般コースを休講予定です。